SICK社主催Sensor forestで、サイバーセキュリティ規格IEC 62443をテーマに登壇

ニュース

ニュース

テュフズードジャパン株式会社は、2021年6月14日(月)、21日(月)、22日(火)に開催されるSICK社主催「第3回 Sensor forest」のパネリストとして選出され、産業用制御システムのサイバーセキュリティ対策をテーマに登壇することをお知らせします。

光学センサ市場のリーディングカンパニーであるジック株式会社(SICK)が主催する「Sensor forest」は、今年で開催3回目を迎えます。今年はニーズの高い省人化、自動化、リモート化、データ化をテーマに、オンラインでの開催が決定され、より多くのパートナー企業の参加が容易になり注目を集めています。 
 
テュフズードジャパンは、建機・農機分野、AGV・ロボット分野、鉄道分野向けのセミナーにおいて、「産業界のサイバーセキュリティ対策」をテーマに登壇します。工場のインフラや制御システムをサイバー攻撃から守るために 開発された国際規格「産業用制御システムのサイバーセキュリティ認証:IEC 62443」の概要に加え、EU圏内で導入が急がれているサイバーセキュリティ認証制度、そしてサプライチェーンへのインパクトについて解説します。

詳細については、以下をご覧ください。 


第3回 Sensor forest 概要 (テュフズードジャパンセミナー)

日時・テーマ:

2021年6月14日(月)11:30~12:30
「鉄道向けサイバーセキュリティセミナー」 (対象:鉄道関連企業様)

2021年6月21日(月)11:30~12:30
「建設機械・農業機械向け 産業用制御システムのサイバーセキュリティ対策」 (対象:建設機械メーカー関係者様)

2021年6月22日(火)11:30~12:30 
「AGV/AGF向け 産業用制御システムのサイバーセキュリティ対策」 (対象:AGVメーカー関係者様)

 

開催方法:

オンライン

 

詳細・お申込:

 参加を希望される方は、こちらからお問い合わせください:[email protected]

 

Sensor Forestについて

ジック株式会社(SICK)が2年に一度、特定のお客様に限定して開催しているイベントです。 鉄道、道路、建機、農機、AGV、建築・土木現場やその他屋外施設など、主に屋外アプリケーション向け のセンサや、SICK社製センサを使ったソリューション事例のデモ・紹介が予定されています。

 

テュフズードジャパンのサイバーセキュリティ関連サービス

個別オンラインセミナー「産業システムのサイバーセキュリティ(IEC 62443)の概要」

次のステップ

Site Selector