テュフズード、JFS-C 認証機関として認定

ニュース・メディア

ニュース・メディア

テュフズードは、国際的な食品安全マネジメントシステム規格であるJFS-C の認証機関として認定を受けました。

JFS-C 規格とは、一般財団法人 食品安全マネジメント協会(JFSM)が作成した規格で、組織が安全な食品を製造するためのマネジメントシステムの構築、運営、改善を目的としています。本規格は2018年10月にGlobal Food Safety Initiative(GFSI)に承認されており、今後のグローバルビジネスにおいて重要な要素となります。

このたびテュフズードは、JFS-Cの認証機関として、JAS-ANZ(認定機関)より認定を受けたことをお知らせします。テュフズードジャパンは、ISO 22000、FSSC 22000、SQFなどの審査を数多く行ってきましたが、これにより、食品安全マネジメントシステム認証サービスがさらに充実しました。

今後もテュフズードジャパンは、食品安全マネジメントシステム認証におけるエキスパートとして、食品関連企業の発展に貢献していきます。

テュフズードジャパンのJFS-Cサービス

 

プレスリリースのダウンロードはこちら(PDF)

次のステップ

Site Selector