Choose another country to see content specific to your location

//Select Country

テュフズードと thyssenkrupp、アジア太平洋地域におけるアディティブマニュファクチャリング ソリューション市場の共同開拓を目的とする覚書を締結

ニュース・メディア

テュフズード(ドイツの第三者試験認証機関)のシンガポール支社は、革新的なアディティブマニュファクチャリング(3Dプリンティング・積層造形)
ソリューションを提供しているティッセンクルップ・イノベーションズ社との間で、アジア太平洋地域におけるアディティブマニュファクチャリングを
適用する際のソリューション市場の共同開拓を目的とする覚書を締結しました。


両社は今後3年間で、産業用アディティブマニュファクチャリング ソリューションの立ち上げからスタートし、鉄道、モビリティ、産業プラント分野を対象とするアディティブマニュファクチャリングに関連する試験・検査・認証サービスを提供していきます。さらに両社は覚書が対象とする産業分野を上記以外へも拡大する可能性があります。

このコラボレーションは、アディティブマニュファクチャリングにおける部品選定と設計助言といったティッセンクルップ・イノベーションズ社の専門知識と規制・非規制 両分野に関する試験および認証に関するテュフズードの豊富な知見の組み合わせにより、顧客へ予測可能な新技術の管理ソリューションを提供するものであり、リスクの軽減、投資の安全性、グローバル市場へのアクセスの向上、市場投入時間の短縮が期待できます。このように両社の強みを合わせにより、それぞれの既存顧客だけでなく、新規顧客にもサービスを提供することが可能になります。現在、両社は同地域の大手鉄道事業者向けに、車両の軽量化と機能性の大幅な向上を目的とする車両部品の試験と製品化に取り組んでいます。

Holger Lindner(テュフズードプロダクトサービス社 CEO)は次のように述べています。「アディティブマニュファクチャリング(3Dプリンティング・積層造形)はインダストリー 4.0 における重要な柱(生産技術)です。アディティブマニュファクチャリングは量産/最終製品の製造とサプライチェーンに関して新たな選択肢/可能性を提供しますが、製造関連企業はこの生産技術の不確実性を乗り越える必要があります。テュフズードはティッセンクルップ・イノベーションズ社とのコラボレーションを通じて、シンガポールにおいてアディティブマニュファクチャリングが量産/最終製品への実用段階に達していることを実証する活動を進めてまります。」

 

TUEV SUED and thyssenkrupp Innovations sign MoU

写真左から:Mr. Abhinav Singhal(ティッセンクルップ APAC Chief Strategy Officer)、 Mr. Jan Lüder(ティッセンクルップ Industrial Solutions (Asia Pacific) Pte. Ltd. CEO )、 Dr. Ho Chaw Sing(NAMIC Managing Director)、 Mr. Holger Lindner(テュフズード プロダクトサービス部門 CEO)、Mr. Richard Hong(テュフズードASEAN CEO)

 

お問い合わせはこちら

※お問合せ分野は 「AM(積層造形/3Dプリンティング)」 を選択ください。

 

テュフズードのAM(積層造形・3Dプリンティング)サービスはこちら

 

次のステップ

Select Your Location

Global

Americas

Asia

Europe

Middle East and Africa