Choose another country to see content specific to your location

//Select Country

テュフズード、グリーン水素認証サービスを提供

欧州統一のCertifHy認証と、独自のGreenHydrogen認証から選択可能に

水素は、エネルギー貯蔵媒体やエネルギーキャリアとして、エネルギー変換の中心的役割を担うことになります。ただし、これには再生可能なエネルギー源から生成されたグリーン水素(Green Hydrogen)のみが当てはまります。テュフズードのアップデートされたグリーン水素認証は、ステークホルダーに対し、気候に優しい水素製造の第三者証明を提供します。

 

水素は、エネルギー貯蔵媒体やエネルギーキャリアとして、エネルギー変換の中心的役割を担うことになります。ただし、これには再生可能なエネルギー源から生成されたグリーン水素(Green Hydrogen)のみが当てはまります。テュフズードのアップデートされたグリーン水素認証は、ステークホルダーに対し、気候に優しい水素製造の第三者証明を提供します。

 

現在、世界中で年間6000億m3以上の水素が生産されており、そのほとんどが化学工業に供給されています。将来的には、水素は、貯蔵システムおよび交通分野における再生可能エネルギーとして利用されるでしょう。Klaus Nuremberger(テュフズードインダストリーサービス エネルギー認証部門責任者)は次のように述べています。「水素は、エネルギー変換において重要な役割を果たしています。これは主に交通分野における変革に当てはまります。つまりバッテリー駆動の電気自動車を、水素と燃料電池技術が補完するのです。」

 

そこでテュフズードは、グリーン水素認証を提供することで、再生可能な水素源から生成された水素が、従来の水素や化石燃料に比べて温室効果ガスの排出量が大幅に少ないことを、ステークホルダーに証明することを可能にします。テュフズードが提供できるグリーン水素認証は、現在欧州の統一基準になっているCertifHy認証と、CertifHyを基準に、より厳しい弊社独自のGreenHydrogen認証(テュフズード規格CMS70、Version01/2020 "Generation of Green Hydrogen")の2つです(図)。CertifHy認証においては、生成された水素が、化石燃料と比較して60%以上の温室効果ガス削減効果を有していれば、グリーン水素製造認証書を発行することが可能です。さらに、電気分解によって生成されるグリーン水素は、75%の温室効果ガス削減のポテンシャルを有れば弊社のGreenHydrogen認証を取ることが可能です。この比較は、再生可能エネルギー指令II(RED II)で定められた現在の基準値と、天然ガス改質によって生成される従来の水素の値に基づいています。弊社のGreenHydrogen認証においては、再生可能エネルギー源からの電力の使用やバイオメタンの使用など、法的要件を超えた追加基準も含まれています。弊社のGreenHydrogen認証のもう1つの特徴は、認証書保有者は、認証された品質と供給のコミットメントを確実に履行するため、強固なモニタリングシステムを備えなければならないということです。

 

CertifHy認証の導入によって、欧州では再生可能エネルギー源から生成された水素を売買するための「CertifHy guarantee-of-origin (GO) システム」を設立しました。弊社のGreenHydrogen認証で認証されたグリーン水素も、同じく「CertifHy guarantee-of-origin (GO) システム」に登録することができます。Klaus Nurembergerによれば、このH2 GOシステムは、欧州連合内における生産者からユーザーへのグリーン水素の取引を促進するものです。

 

 

 

本件に関するお問い合わせはこちら
お問い合わせの際は、「弊社サービス」タブで「水素サプライチェーン(グリーン水素認証/燃料電池認証など)」をお選びください。担当者より別途ご連絡いたします。

 

テュフズードの化学物質関連サービスはこちら

 

 

 

 

次のステップ

Select Your Location

Global

Americas

Asia

Europe

Middle East and Africa