Choose another country to see content specific to your location

//Select Country

ニュース&メディア

テュフズード、グローバル防爆会議をドイツのミュンヘンで開催

年一度のTÜV SÜDグローバル防爆会議がドイツのミュンヘンで開催されました。今回参加した国はドイツ、中国、イギリス、スイス、イタリア、韓国、日本です。期間は二日間で、各国の現状を把握しつつ、今後のグローバルサービス展開について議論をしました。弊社サービスの一つであるGMA(Global Market Access)サービスを経由して、上記の国のみならず、アメリカ、UAE等の国でもワンストップで対応できます。国際市場に進出したい企業のお役に立つために、世界各地で防爆に関連するセミナーやトレーニングも計画しています。

TÜV SÜD JAPANはIECEx、ATEXのみならず、提携会社経由で日本の防爆認証も取得することが可能です。
ご興味がございましたら、是非ご連絡ください。

 

ATEXとは

ATEX指令(2014/34/EU)はCEマーキングの中の指令の一つで、製造施設がEU圏に拠点を構えている場合、またはEU圏で爆発の可能性がある環境での使用を想定した装置を販売する場合は、ATEX認定を受ける必要があります。防爆機器には潜在的な爆発の可能性がある環境下または隣接した環境で使用される全ての機器が含まれます。例えば、安全装置、制御装置、調整装置、および保護部品・機器・システムなどが該当します。ATEX指令に準拠している証明として、機器にはCEマーキングを貼付する必要があります。

IECExとは

IECExは国際規格であり、防爆機器およびシステムが、IECExシステムを採用している国で安全に使用できることを保証するものです。IECEx認証機器スキームの認証には、製造者は、適合証明書(CoC)、技術報告書の妥当性確認(ExTR)、および品質保証報告書(QAR)を取得する必要があります。

ATEX

 

次のステップ

Select Your Location

Global

Americas

Asia

Europe

Middle East and Africa