Choose another country to see content specific to your location

//Select Country

ニュース&メディア

EAEU諸国にて、2020/3/1より電気電子機器に対するRoHS適合が強制化されます 

EAEU(ユーラシア経済連合:ベラルーシ、カザフスタン、ロシア、アルメニア、キルギス)では技術規則”EAEU TR 037/2016”が施行され、2020年3月1日より電気電子機器に対するRoHS要求が強制化となり、認証機関より発行されるDoCまたはCoCの取得が必要となります。

対象となる下記製品種目はEAEU諸国への輸入にあたり、RoHS要件に適合する必要があります。

1. 家庭用電気機器および電気器具
2. 電子コンピュータおよびそれらに接続される電子機器
3. 端末通信機器
4. コピー機およびその他電気オフィス機器
5. 電子ツール(手動およびポータブル電気機械)
6. 家具に組み込まれたものを含む照明装置および光源
7. 電子楽器
8. ゲーム機器および自動販売機
9. キャッシュレジスター、切符印刷機、IDカードリーダー、ATM、情報KIOSK端末
10. 500V AC/DC以下で使用されるケーブル、電線およびコード(光ファイバケーブルは除く)
11. 自動遮断器および漏電遮断器
12. 火災警報器、警備警報器および火災・警備警報器


RoHSの規制対象となる有害物質は下記の通りとなります。

・鉛
・水銀
・カドミウム
・六価クロム
・ポリ臭化ビフェニル
・ポリ臭化ジフェニルエーテル類

テュフズードジャパンは、本件に関するDoC/CoCのサービスを提供しております。

次のステップ

Select Your Location

Global

Americas

Asia

Europe

Middle East and Africa