Choose another country to see content specific to your location

//Select Country

ニュース&メディア

テュフズードジャパン、EMVCoからPCDアナログ試験設備に対するEMV®非接触レベル1 バージョン3.0の認定を取得

 

国際的な第三者認証機関であるテュフズードの日本法人テュフズードジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:ディーター・エッカート)は、EMV®(*)非接触レベル1試験設備に対して、最新版であるバージョン3.0aの認定をEMVCoから最初に取得した認定ラボとなります。


テュフズードジャパンはEMV非接触レベル1の最新版であるバージョン3.0aでの認定をEMVCoから取得しました。これによりバージョン3.0aでのデバッグ試験だけでなく、該当の試験プランが有効になり次第、認定試験の実施も可能になります。(現在のところ2019年4月1日を予定、ただしEMVCoにより変更される場合があります。)このバージョン3.0aではICカードのみならず、スマートデバイス等の多様な形状、さまざまな負荷、および共振周波数に対して、より確実にEMV仕様への準拠を確認できるよう、新たに3つのPICCアンテナキットで実施されます。

テュフズードにおけるEMV非接触レベル1 試験(アナログ、デジタル)は自動化された設備で実施され、正確性、スピードが際立っています。またこの2つの試験に加えて実施される相互互換性試験についてもテュフズードジャパンでは2018年に既に自動化を完了し、試験設備の認定を取得済みです。今回のアナログ試験設備への最新版の認定の取得でEMV非接触レベル1試験について、最良の試験環境が整ったことになり、日本国内の決済端末ベンダーのEMV®(*)の認定取得に貢献します。

テュフズードは日本で最初のEMVCo認定ラボであり、決済業界では試験ラボとして20年の経験と高い技術力で知られ、日本国内での国際標準仕様の認証取得に長く貢献しています。今回の新たな認定の取得により、日本の決済関連ベンダーに対して更に力強くサポートを行って参ります。

(*) EMV®は、米国をはじめとする諸外国で登録されているEMVCo, LLCの商標登録です。

 

 

次のステップ

Select Your Location

Global

Americas

Asia

Europe

Middle East and Africa