CONSUMER PRODUCTS AND RETAIL E-SSENTIALS

Your regular update for technical and industry information

Your regular update for technical and industry information

USA:  コロラド州PFAS含有製品を禁止

JUNE 2022 - HARDLINES, SOFTLINES, TOYS AND CHILDREN'S PRODUCTS

2022年6月3日、米国コロラド州知事は法案HB 22-13451に署名した。この法案は、パーフルオロアルキルおよびポリフルオロアルキル物質(PFAS)の暴露から人間と環境を保護することを目的としています。この法案の規制の多くは、早ければ2024年に適用される予定です。

新しい法案では、カーペットや敷物類、食品の包装材、ベビー用品、家具、化粧品など様々な民生品(一般消費財)に意図的に添加されるPFASを禁止し、PFASを含む調理器具には表示が義務付けられることになります。 また、泡消火薬剤の使用と保管も規制される予定です。表1は、この法案の要件と発効日をまとめたものです。 

表1.  HB 22-13の概要

製品の範囲

要求事項

適用期日

  • 家庭やオフィスで使用されるカーペットや敷物類
  • 繊維処理剤
  • 食品の梱包材
  • 子ども向け製品
  • 石油・ガス製品

意図的に添加された PFASを含む製品を販売したり、販売の申出をしたり、販売のために配布したり、ま たは使用のために配布してはならない




2024年1月1日以降

  • 化粧品
  • 屋内用繊維製品
  • 屋内用布張り家具

2025年1月1日以降

  • 屋外用繊維製品
  • 屋外用布張り家具

2027年1月1日以降

調理器具

A) 意図的に添加された PFAS を含む調理器具は、以下の条件を満たすこと

  • 製品ラベルにPFASの存在を表示すること
  • 製品ラベルに英語とスペイン語の両方で、PFASが意図的に添加されていることに関する情報を掲載したウェブサイトへ消費者を誘導する記述を含めること

B)製造業者は調理器具にPFASが意図的に添加されていない限り、調理器具にPFASが含まれていないことを主張してはならない

2024年1月1日以降

PFASを意図的に添加したクラスBの泡消火薬剤

このような泡消火薬剤は、環境中に放出される危険性があるため使用が禁止されます。法案では、泡消火剤の使用中は泡を完全に封じ込めること、安全に保管すること、放出があった場合は24時間以内に確実な情報を報告することが義務付けられています          

2024年1月1日以降

 

[1]  House Bill 22 -1345 

次のステップ

Site Selector