CONSUMER PRODUCTS AND RETAIL E-SSENTIALS

Your regular update for technical and industry information

Your regular update for technical and industry information

USA:カリフォルニア州、より安全な民生品(一般消費財)プログラムを加速させるためSB502を可決

OCTOBER 2022 - ELECTRICAL AND ELECTRONICS, HARDLINES, SOFTLINES, TOYS AND CHILDREN'S PRODUCTS

米国カリフォルニア州知事は、「より安全な民生品(一般消費財)プロブラム」(the Safer Consumer Products Program :SCP Program)の説明責任と透明性を向上させるための法案 SB 5021 に署名しました。これにより、有毒性物質管理(the Department of Toxic Substances Control :DTSC)が民生品(一般消費財)に含まれる安全でない化学物質を効率的に特定し、対処するための適切な手段を確保することができます。

SCP プログラムとは、民生品(一般消費財)に含まれる化学物質や化学成分を特定し、優先順位をつける規則を DTSC が採択するプロセスを確立したものです。また、このプログラムでは、カリフォルニア州で販売される優先製品の製造業者は、優先製品をリストアップした後 60日以内にDTSCに通知し、包括的な代替案を分析することが義務付けられています。その後、DTSCは、これらの化学物質のリスクに対処するための規制対応を行います。

このプログラムは2013年10月1日から実施されています。いくつかの優先製品2が特定されています。例えば、TDCPPまたはTECPを含む子供用フォームパッド付き睡眠製品、カーペットやラグ、PFASを含むカーペットやラグなどです。 しかし、DTSCは、優先製品に含まれるリストアップされた化学物質に対する規制対応をまだまとめていません。SB502では、DTSCが懸念化学物質を評価する際に、公的に利用可能な試験ができるように、SCPプログラムを更新しています。 また、この法案ではDTSCが製品メーカーに対して情報提供の要請を行うことを認めています。これらはプログラムのスピードアップに貢献すするでしょう。

 

 

[1]  SB 502

[2]  Priority products under SCP Program

次のステップ

Site Selector